Skip to content

小戸(おど)公園で健康遊具を体験

2009年 5月 25日
うであげアーチ

うであげアーチ

 5月18日(月)と5月24日(日)の2日間にわたって、福岡市西区小戸2丁目にある小戸公園を視察。18日(月)は小戸公園の指定管理者と意見交換ならびに現地視察、24日(日)はすべての健康遊具使って体験しました。

 提供メーカによると、。「ゲーム感覚で楽しく」「効果を実感」「使い方が簡単」の3種類に分類されています。

 

 1.ゲーム感覚で楽しく

 子どもやお孫さんと一緒に楽しみながら運動することで、世代間交流をサポートするコミュニケーションツールとしての可能性を広げる。

<コマ落とし>

コマ落とし説明パネル

コマ落とし説明パネル

  • 左右7つずつの「コマ」を持ち上げて任意の数だけ落とすゲーム。
  • 1人だけでなく2人同時に使用可能。
  • 効果 ●手首の運動 ●反射 

<ぶらぶらストレッチ>

ぶらぶらストレッチ

ぶらぶらストレッチ

  • 2人で対面するアイテム。体格や能力に応じた握りの高さを選べる。
  • 握りは耐久性に優れた粉体塗装。
  • 効果 ●腕・肩の柔軟性アップ ●背骨のストレッチ ●腕の筋力アップ 

<ステップ> 

ステップ

ステップ

<飛び石> 

飛び石説明パネル

飛び石説明パネル

<足つぼマッサージ> 

足つぼマッサージ

足つぼマッサージ

2.効果を実感

 自分の現在の能力、使った後での能力を数字で実感することが一番。

<座位体前屈測定>

座位体前屈測定

座位体前屈測定

  • 身体の柔軟性を測るアイテム。
  • 座って安全に計測でき、計測中に目盛りを確認したり覚えたりする必要がないため、円熟世代に最適。
  • 身体の柔軟性の計測によるトレーニング継続の動機づけ 

3.使い方が簡単

 スタンダードな使い方から、運動の効果、さらにステップアップした使い方も解説している。

<うであげアーチ>

うであげアーチ説明パネル

うであげアーチ説明パネル

  • 腕を伸ばして「コマ」を左右に移動させる。
  • 2種類のアーチを組み合わせているため、身長や能力に合わせた利用が可能。
  • 効果 ●腕・肩の柔軟性アップ 

<ふみいたストレッチ>

踏み板ストレッチ

踏み板ストレッチ

  • 滑り止めを施した高耐久アルミふみ板に、片足をのせてストレッチを行う。
  • 3種類の高さで、体格や能力に合わせたステップアップが可能。
  • 効果 ●足首・ひざ・股関節の柔軟性アップ 

<ダブル踏み台昇降>

ダブル踏み台昇降

ダブル踏み台昇降

  • 2つの高さのふみ板を設けて、能力に応じてステップアップ。
  • 滑り止めを施した高耐久アルミふみ板を使用している。
  • 効果 ●足首・ひざ・股関節の柔軟性アップ ●足腰の筋力アップ 

健康器具を使った感想として

  • 遊具として非常にシンプルで安全性に優れていると感じた。
  • 高齢者が孫との散歩がてらに活用できる。
  • 団塊の世代の夫婦で楽しめる。
  • 公園を散策しながら気軽に健康づくりが楽しめる。
  • 器具によっては、殆ど場所を取らずに設置が可能である。
  • 子供を遊ばせているお母さんが、子どもを見守りながら、ちょっとトレーニングできる。
  • 楽しく筋力トレーニングを行い、健康寿命が延びると思う。
  • 結論として、健康遊具は介護予防になる。

From → 政務調査

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。