コンテンツへスキップ

LED街灯が糸島市にも設置されていた!

2010年 3月 12日

生水池公園に設置されたLED街灯

 3月12日(金)糸島市高田5丁目にある生水池公園が整備され、そこに「太陽光発電式白色LED街灯」が設置されており、現地へ赴きました。

 太陽光パネルで集めた電気はバッテリーに蓄電され、夜間、生水池付近をスポット的に照射していました。何と蛍光灯の寿命が約2年間と比較して、LEDの寿命は50,000時間(1日10時間点灯したとして、約14年)です。  

夜間に撮影したLED街灯の本体部分

 当然、電気料は0円です。メーカーの説明では、バッテリーの寿命は10年と伺っています。ソーラーパネルも耐久性に優れた高品質のものが市場に出回ることは間違いないと信じています。消費電力も蛍光灯に比べて、1/8程度と聞いており、ソーラーパネルと共に、LEDの普及は時代の趨勢ではないかと思いました。

From → 活動報告

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。