コンテンツへ移動

地元企業 (株)明和製作所の代表取締役社長の生野岳志氏より、糸島市に電動バイクが寄贈された!

2010年 4月 30日

電動バイクの説明を受ける松本市長(手前)

 4月30日(金)午前11時半、市民相談の用件で糸島市役所を訪れました。何やら糸島市役所玄関に松本市長や報道陣が集まっており、興味深々、近づいていくと、日本で唯一の電動バイク(電動スクーター)と超小型電気自動車コムスがありました。電動スクーターは糸島市に寄贈されました。生野岳志社長とは、3月にお会いした際、是非とも会社見学をさせていただきたいとお願いしていました。寄贈された電動スクーターには「エコタウン糸島市」と書かれており、新市「糸島市」の目指すべき指針のように受け止めました。

開発を指揮された生野岳志社長

 飛び入りで参加したので、多くは聞けなかったので、自宅に戻ってから、(株)明和製作所のホームページを閲覧しました。2010年2月27日RKBテレビ「志、情熱企業」の番組が収録されており、番組の中で生野社長は「まずは、高い信頼性が求められる。・・・継承した産業技術だけでは、企業は拡大していかない。だんだん縮小していくので、やはり自分たちのオリジナルのものを創り出していかなくてはならない。」「これからの30年を考えたときに、環境問題が一番大きな問題になる。それに貢献できる新しいものを作ってやろう!ムーブメントに貢献していける会社になっていきたい。」と語られていた。電動スクーターは時速60キロも可能と伺いました。

超小型電気自動車コムスに試乗

 超小型電気自動車コムスにも乗せていただきました。4月28日(水)は『水素エレルギー製品研究センター』が開所したばかり、この好機をどう活かすか?猛勉強して、自分のレベルを上げるしかないと、心に決めた日ともなりました。

株式会社明和製作所のについて詳細は、ホームページをご覧ください。http://www.meiwa-ss.co.jp/

From → 行事出席

One Comment
  1. 偶然というか絶妙なタイミングでお会いしましたね!
    記事掲載ありがとうございます。励みになります。

    自社の技術ノウハウを生かして未来の糸島に貢献できる事業を、色々な方々と連携してビジネスとして成立させたいと思っています。
    今後も自社技術の開発と、取扱製品の拡充、サービス網の整備を進めていきます。

    平日9:00~17:00は常時展示試乗可能ですので、いつでもお越し下さい。
    ご要望があれば、時間外や週末も対応します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。