コンテンツへ移動
Tags

衆院小選挙区制を見直さないと、この国は立ち直れない!

2010年 5月 8日

 毎日、いろんな分野の方々と意見交換する機会が増えてきた。皆さんが一番言われていることは何か。「私たち庶民は誰を、信じて行動すれば良いか分からない。期待していた政府も、期待はずれ。戦後の日本でこれほど、政府が信用ならない時代はなかった。」と私に話していただいた。二大政党政治のリード役を果たした英国でも、与党・労働党、野党・保守党も過半数を制することはできなかった。一方、第3党の自由民主党も57議席に留まった。

 そこで、問題なのは第3党の自由民主党が支持率を伸ばしたが、議席が伸びなかったという事実をどう捉えるかだ。

 党利党略で言うのではない。奇しくも今日8日、公明党の山口代表は岡山市で「民意が反映されない選挙制度をやめるべきだというのは日本も同じだ。論議すべき時だ」と訴えたとの報道(朝日新聞)然りと思う。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。