コンテンツへ移動

月形糸島市長から福岡国道事務所長へ要望

2014年 5月 1日

平成26年4月14日(月)、月形祐二糸島市長から福岡国道事務所長宛に「二丈浜玉道路の安全対策及び改良整備に関する要望」が提出されました。
以下、要望書の全文を紹介します。

春暖の候、貴職におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
また、本市の国道整備に多大なご尽力をいただいていることに対しまして深く感謝申し上げます。
さて、平成25年4月1日より、二丈浜玉道路が無料化され、国道の交通が二丈浜玉道路へ転換し、無料化前と比較すると2倍以上の交通量となっております。一方、交通量の増加に伴い、無料化後28件の人身交通事故が発生しており、死亡事故も起こっている状況でございます。
二丈浜玉道路の総延長8.5kmが糸島市域にあり、今宿道路の二丈IC以西の5.8kmと合わせ約12kmが2車線で本市市域を走っており、本市といたしましても市民及び道路利用者の安全通行に大きな危機感を持っております。
貴職におかれましては、二丈浜玉道路及び今宿道路の二丈IC以西を含めた早急な安全対策及び将来的に4車線を見据えた改良整備に、格段のご配慮を賜りますようお願い申し上げます。

月形祐二糸島市長から福岡国道事務所長に提出される前(平成26年2月24日)に、市長に対し「二丈浜玉道路無料化に伴う交通量増による事故多発解消の緊急申し入れ書」を提出していました。この申し入れに対しても、即刻対応、関係部門に指示がなされました。道路管理者である国道事務所で鋭意検討されています。

その後、4月8日に二丈浜玉道路の二丈吉井でバスとワゴン車が正面衝突し14人が死傷する大惨事が発生しました。国交省福岡国道事務所は、事故現場の東西約600mにセンターポール60本の設置を4月24日に完了されている。
ゴールデンウイークに入っていますが、ドライバーの皆さま、安全運転に心がけていただき、楽しいゴールデンウイークを過ごしていただきたいと念願しています。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。