コンテンツへスキップ

議案第61号令和2年度糸島市一般会計補正予算(第5号)について賛成討論

2020年 7月 30日

itoshima_shigikai

7月30日(木)に開会された糸島市議会臨時会が開会されました。令和2年度糸島市一般会計補正予算(第5号)について、賛成討論しました。

議案第61号令和2年度糸島市一般会計補正予算(第5号)について賛成討論を行います。

追加する補正予算は、6月12日に国の第2次補正予算の成立により、第1次補正予算に大幅拡充された「地方創成臨時交付金」の財源充当を視野に入れながら、地域の実情に応じて、地方自治体として取り組む力強い事業であります。

その中で「子育て世帯応援事業費」と「プレミアム付き地域商品券発行支援事業補助金」の2事業に絞って、賛成理由を述べます。

先ず初めに、二つの事業に共通する賛成理由があります。それは、事業執行で市民の分断を極力最小限にしたいとの強い意志を感じます。もはや、コロナ感染拡大は、全市民の行動を制限し、精神的、経済的な負担となっているからであります。市民の痛みに寄り添い、元気を取り戻して欲しいとのメッセージと受け止めるからであります。

 それでは、個別事業ごとの賛成理由を申し上げます。 

「子育て世帯応援事業費」総事業費、3憶5,397万4千円ですが、 

第1の理由は、所得制限なしで、9月1日現在、糸島市に住民登録があり、令和2年度末までに18歳に到達する子どもがいる保護者等に、子ども一人当たり2万円、10月中の支給開始の予定であること。対象を18歳までとされたことは高く評価いたします。 

第2の理由は、受給対象者に対し個別通知が9月下旬に送付されること。一律10万円の給付同様、住民基本台帳から対象者を抽出するので周知もれは、発生いたしません。 

第3の理由は、他の給付事業を参考に、個別事情にも配慮をしていただいて、制度設計並びに事務執行をしていただくことであります。

 

次に「プレミアム付き地域商品券発行支援事業補助金」総事業費1億500万円ですが、 

第1の理由は、応募による登録加盟店舗とし、糸島市商工会会員・非会員問わず募集を行い、500店舗をめざしておられること。 

第2の理由は、商品券換金手数料が無料とされたこと。従来のプレミアム商品券発行事業では、会員と非会員で換金手数料の差があり、今回の事業ではそれを撤廃されたこと。 

第3の理由は、商品券販売額が過去最大規模の5億円であることと、プレミアム率も過去最高の30%であり、消費喚起が十分見込まれること。また、小規模店のみ利用できる商品券を取り入れることを配慮されたこと。 

第4の理由は、事業主体である糸島市商工会役員、商工会職員が一致団結して、何が何でも成し遂げるとの意気込みと地場産業発展を、何としても支えたいとの思いが大きいこと。 

以上の理由により賛成討論といたします。

議会中継QRコード

スマホで議会中継がご覧いただけます。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。