コンテンツへ移動


福岡県糸島市議会議員 笹栗純夫のブログです。最新の活動報告などを随時更新中!

学校管理費の消耗品費について質疑しました

9月5日(水)糸島市議会本会議二日目、議案第74号「平成30年度糸島市一般会計補正予算(第4号)」で学校管理費の消耗品費について、以下の通り質疑しました。

<質疑1>
計上されている消耗品費は、教員の出退勤管理のためのハードディスク購入代と聞いているが、出退勤管理するに至った経緯について説明を。
<答弁1>
教育委員会では、課題となっております、教職員の長時間勤務の削減に取り組むため、本年5月に「教職員の働き方改革取組指針」を策定しました。
この指針に基づき、働き方改革を進めるために、先ずは、教職員の勤務時間を正確に把握する必要があることから、教職員の出退勤管理に取り組むことにいたしました

<質疑2>
糸島市教育委員会は教員に対し、いつから出退勤管理を開始するのか。
<答弁2>
教職員の出退勤管理につきましては、現在、学校に配置しておりますパソコンに出退勤管理のソフトを導入して、中学校は、本年4月から、小学校は、本年7月から実施しております。
なお、今回の補正予算では、出退勤管理に利用するパソコンの性能を向上する必要があることから、記憶装置(ハードディスク)の購入費用分について増額のお願いしたものです。

<質疑3>
ご答弁で「教職員の働き方改革取組指針」の策定とお聞きしましたが、文部科学省の何らかの働きかけがあったのではないでしょうか。お尋ねします。
<答弁3>
文部科学省では、平成29年8月に中央教育審議会から「学校における働き方改革に係る緊急提言」を受け、「学校における働き方改革に関する緊急対策」を策定し、平成30年2月に、この緊急対策並びに学校における業務改善及び勤務時間管理等に係る取組の徹底について通知がなされました。
これを受け、県では、同年3月に、本市におきましては、同年5月に「教職員の働き方改革取組指針」を策定し、取り組むことといたしました。

<質疑4>
今後も継続してデータを取得されるのか。継続されるのであれば、その目的は何ですか。
<答弁4>
働き方改革を進める上では、先ず、教員の意識改革に取り組むことが重要です。出退勤管理データで、自らの超過勤務の実態を把握すると共に、超過勤務が多い時期や内容、また、個人ごとの状況などを確認し、目標の設定や新たな対策の検討、教職員の個別指導などに活用することで、超過勤務の縮減を図ることを目的としております。
出退勤管理のデータは継続して取り続けることにしております。

【無料法律相談】平成30年9月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

平成30年9月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。
無料法律相談日程

火災の誤報がなぜ発生するのか?消防長に聞きました

8月24日(木)午後、糸島市消防本部を伺いました。
本来であれば、一般質問に取り上げて質問をすべきかと思いましたが、過去、笹栗が一般質問してその後の動きの確認もあったので直接、岸原消防長にお聞きしました。

<お尋ね事項1>
福岡都市圏は、火災・救急の指令室を福岡市に広域統合した。しかし、糸島市消防本部は指令室切り替えが、数年前に完了しており、糸島市は単独で従来どおりの運用となった。
いつ、福岡市に広域統合されるのか。
<消防長の回答>
指令室の統合は11年後の平成41年(2029年)の予定です。

<お尋ね事項2>
糸島消防本部の指令室の職員は減員となるのか。
<消防長の回答>
現在、100名体制を敷いており、市民の安全を確保する観点から現人員を確保したいと現在は考えているが、その議論はおそらく5、6年後には出てくるでしょう。

<お尋ね事項3>
過去の一般質問で笹栗は他市の視察を行った上で、女性消防団員を本部付で女性消防分団として組織を作らないかと提案しました。消防本部と糸島市消防団が4回ほど協議された結果、消防分団詰め所の整備の課題や応募してくれる女性がおられるか不透明との判断から実現しませんでした。防火・防災対策の観点から女性消防団員は望まれるが。
<消防長の回答>
現在も課題であると認識しています。今後も検討していくこととなります。

<お尋ね4>
ごく最近、特殊建物火災が連続4件発生し、結果は誤報との連絡を受けています。消防本部は出動されていますが、消防団も出動されていますか?なぜ、誤報で出動しなければいけないのか。本当の火災時に対応が遅れる恐れがあると思いますが。
<消防長の回答>
介護施設等で年数がかなり経過した建物で、部屋の煙感知器(熱感知器)が誤作動して監視盤から発報して119番につながるようになっています。消防本部は施設に即座に電話して確認するようにしています。しかし、電話に出られない場合、消防本部は即座に出動します。各消防分団も同様に出動しています。

今後、このようなことが起きないよう電話連絡で施設側の応答がない場合は、消防本部から消防車両2台と消防隊員が現場に直行します。状況が判明した段階で、消防団に連絡するようにしました。

制御盤で火災発報を手動でされた場合は、消防本部、消防団とも即刻出動するようにしております。

施設に対しても火災の発報があったら本当に火災かどうかを確認するので、電話に出ていただくよう、お願いに回っています。煙感知器(熱感知器)の点検を遵守していただくよう指導を強化しています。

<笹栗のコメント>
誤報が今回のように連続して発生した原因は、危険な高温すなわち異常気象も影響しているのではないか思います。危険な高温と誤発報との因果関係を調べる必要があると考えます。全国的に誤報の発生状況を調査する必要があるのではないか。

消防長の回答が記憶に残っているうちにブログを書き始めて30分間ほど過ぎたころ、火災のサイレンと同時に、19時59分糸島市消防本部火災メールが入りました。すぐ防災服に着替え火災現場に直行しました。鎮火時刻は20時51分です。消防本部に連絡があって消防本部、各消防分団が必死の消火活動をされました。被災された方に心よりお見舞い申し上げます。消防本部並びに各消防分団の皆様、大変お疲れ様でした。

【無料法律相談】平成30年8月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

平成30年8月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。
無料法律相談日程

念願のファミリー・サポート・センターが本年10月より活動開始されます

事業開始式で月形市長が挨拶

事業開始式で月形市長が挨拶

6月30日(土)糸島市交流プラザ志摩館で「糸島市ファミリー・サポート・センター事業開始式」が行われました。

ファミリー・サポート・センター事業は子育ての援助してほしい人(おねがい会員)と子育ての援助をしたい人(サポート会員)が会員となって、子どもの預かりなど、一時的な子育てを助け合う有償ボランティア事業です。私は議員になって2回目の定例会(平成15年3月10日)一般質問でファミリー・サポート・センター設立の提案をしました。15年前になります。当時、福岡県は北九州市、福岡市、大牟田市、春日市、筑後市、筑紫野市が実施していました。
15年前は、担当部局はなんと産業経済部でした。当時の市長答弁は「ファミリー・サポート・センター設置に向かわなければならない。(中略)商工水産と児童家庭課というのがございましたので、これはやっぱりわかりやすいように、どのように一本化するかわかりませんが、それはやっぱり利用する方々のことを考えて一本化をしたいと、このように思います。」との答弁でした。
15年経過して、多くの自治体でファミリー・サポート・センターが立ち上がっています。

いとしまファミサポ事務局メンバー

いとしまファミサポ事務局メンバー

設立できたのは、当時から活動されていた「ゆりかごの会」の皆様をはじめ、子育て支援活動を地道に継続していただいている団体、グループの皆様のお陰であると思っています。

事務局スタッフのメンバーを拝見して、15年待って良かった。最高のスタッフです。設立にご尽力された皆様に心より感謝申し上げます。
ご承知のように、サポート会員は講習会の受講と会員登録からスタートしていただきます。お願い会員は会員登録をしていただく必要があります。
糸島市は後発であるが故に、他の自治体での運営に関する改善点を積極的に取り入れていただき“さすが糸島市のファミリー・サポート・センターは素晴らしい!”と言われる事業運営を期待しています。

一般社団法人糸島市ファミリーサポート
〒819-1392
糸島市志摩初30 糸島市交流プラザ志摩館3F
相談窓口/月曜~土曜 10時~17時
メール info@itofamisapo.com
詳しく知りたい方は下記にお電話ください。
TEL 092-332-8717

いとしまファミサポのホームページでご確認ください。
https://www.itofamisapo.com/

設備投資した償却資産に係る固定資産税の特例が創設

新たな固定資産税の特例
新たな固定資産税の特例(PDF)

平成30年6月8日(金)市民福祉常任委員会で質疑しました。

Q1.「生産性向上特別措置法が成立(平成30年5月23日交付)されたが条例施行日はいつか。
A1.生産性向上特別措置法の施行の日である。(平成30年6月5日に出された政令により、同法の施行日は平成30年6月6日となりました。)

Q2.他市では専決処分したところもあるが、専決処分をしなかった理由はなぜか
Q2.県内28市の状況は、3月末専決処分が6団体、6月議会上程が18団体、その他4団体となっている。
理由としては、3月末には法律が成立していなかったこと、法律案では課税標準を市の条例で、ゼロから2分の1の間で定めることとなっており、ゼロとすることを議決いただく必要があり、専決処分にはなじまないと判断したため。

7月18日(水)糸島市役所商工観光課及び糸島市商工会を訪れました。訪問の目的は、国の同意日を知りたかったからです。
糸島市商工会の経営相談員にお聞きすると、「国の同意日はまだはっきり決まっていませんが、7月下旬の受付開始で準備を進めています。」との回答でした。

市への申請期間は3年間、つまり平成30年7月から平成33年7月までとなります。
最終の平成33年7月に申請し認められれば、それから3年間、償却資産の固定資産税が減免(ゼロ)となります。

申請するには、申請事業者が「先端設備等導入計画」を策定し、糸島市に申請する必要がありますが、書類作成になれておられない方もおられるので、企業診断士に依頼されることをお勧めいたします。企業診断士も商工会で斡旋していただけます。
糸島市商工会 092-322-3535 にご相談ください。

JR筑肥線電車脱線に伴う臨時バス代行輸送について

今回の西日本豪雨で6日午後2時半ごろ、JR筑肥線の浜崎(佐賀県唐津市)―鹿家(しかか)(福岡県糸島市)間で、西唐津発福岡空港行きの上り快速列車(6両編成)の最後尾の車両が土砂にぶつかって列車の一部が脱線した。JR筑肥線の筑前前原―西唐津駅間で運転再開の見通しが立っていない。
糸島市立福吉小学校、中学校ではJR大入駅とJR鹿家駅からの電車通学をしている児童・生徒は通学の足が奪われ、保護者が送迎を9日から実施となっています。夫婦共働きの世帯も増え、代行バス送迎を望む声が上がりました。糸島市教育委員会は9日午前中からバス業者への手配を行い、電車に変わるバスによる送迎を決断していただきました。
そのことを、保護者にお伝えしたら「教育委員会の素早い対応に感謝します。本当に助かります」とのお声をお聞きしました。
JR筑肥線の一日も早い復旧を待っています。

JR筑肥線電車脱線に伴う臨時バス代行輸送(PDF)
JR筑肥線電車脱線に伴う臨時バス代行輸送(PDF)

糸島市 知っ得情報 保存版(平成30年6月現在)に「天神弁護士センター」追加

6月7日に【便利帳】ご存じですか? 糸島市 知っ得情報 保存版(平成30年6月現在)を従来の内容を見直しリリースしました。ご相談を受ける私も助かってますが、私のホームページをご覧くださっている方からも「非常に便利ですよ。助かってます」とのお声は嬉しい。
私の場合、ご相談をお受けしたら相談者との面談を基本としています。
交通事故の相談も様々あり、どうしても弁護士に依頼しなければならないことも多々あります。糸島弁護士センターをご案内したら、ご相談者から「天神弁護士センター」がありました、との連絡を受け【便利帳】に先日、追加しました。ご活用ください。
https://sasagurisumio.com/2018/06/07/benri-cho-renewal/

6月27日(水)筑肥線初! 特急「あそぼーい!」に乗車しました

あそぼーい!

あそぼーい!

平成27年6月糸島市議会一般質問で「JR筑前前原駅~JR唐津駅間のグルメ列車運行を提案していました。3年後の平成30年6月27日(水)に、筑肥線初! 特急「あそぼーい!」が臨時運行しました。
乗車券の発売当日、JR筑前前原駅に乗車券を求めに窓口へ、1時間弱で売り切れキャンセル待ちが21番目ということで、JR唐津駅からの乗車券を辛うじて購入することが出来ました。

出発イベント

出発イベント

JR唐津駅での出発イベントに参加した後、「あそぼーい!」に乗車。午前10時32分にJR唐津駅を出発、一路JR筑前前原駅へ。

幼稚園児の歓迎

幼稚園児の歓迎

沿線では鉄道ファンのカメラの放列、幼稚園児の歓迎、特に糸島市立福吉中学校生徒全員が運動場で歓迎。特急ではありましたが、筑前深江駅では20分程度の待ち合わせ、しかし観光目的で乗車しているので、不満の声は聞きませんでした。唐津在住のお客様と懇談する時間が取れ楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
昔は、JR筑前前原駅から長崎県の平戸行の急行が運行されていたことも聞きました。グルメ列車としては、乗車時間が短いようにも感じました。
今回の臨時列車運行でニーズは確実にあるとJR九州は感じられたのではないでしょうか。
今後、事業展開が進むことを期待しています。

学童通学路の水溜まりが解消!

水溜まりが解消しない市道

水溜まりが解消しない市道

5月3日、糸島市内の業者の方から「市道の水はけが悪く、車が通過するたびに学童がずぶ濡れになっています。現場を見てください」との連絡を受け、現場に直行しました。晴天であるにも関わらず水溜まりがあることを確認しました。
市道に面したお宅を訪問しました。同様の相談を5年前お受けしていたことを思い出しました。ご主人から「5年前、あなた(笹栗)に相談し、市の職員が調査に来られましたが、対応していただけませんでした。児童の通学路でざんぶり水をかけられているのを見るとかわいそうです。何とかしてください」と言われました。5年間放置していたことを素直に謝りました。
連休明けの5月7日朝9時に現地を再び訪問し、糸島市役所建設課に連絡しました。私が現地にいる間に課長以下職員3人が現場に来てくれました。状況を笹栗から説明し、課長からは「即刻、対応します」のご返事をいただきました。

改修工事が完了した市道及び歩道

改修工事が完了した市道及び歩道

5月16日(水)建設課を訪問したところ「ご指摘をいただいた場所は、改修工事が完了しています。ご確認下さい。」と言われたので三度、現地を訪問しました。あまりにも早い対応に市道に面したお宅の住人からも非常に感謝されました。私は行政への橋渡しをしただけですが、非常に嬉しい一日となりました。