コンテンツへスキップ


福岡県糸島市議会議員 笹栗純夫のブログです。最新の活動報告などを随時更新中!

【無料法律相談】2020年8月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

2020年8月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。

コロナ禍における避難所運営開設訓練実施のお願い

コロナ禍での避難所開所訓練の要望書提出

コロナ禍での避難所開所訓練の要望書提出

令和2年7月15日(水)午前10時に公明党糸島市議会議員、笹栗純夫と並里弘二議員連名で、月形祐二糸島市長に「コロナ禍における避難所運営開設訓練実施のお願い」の文書を手渡しました。内容は下記の通りです。

「令和2年7月豪雨」に対しまして、災害を未然に防ぐべく、昼夜に渡るご奮闘を賜りまして市民を代表し心より感謝申し上げます。

近年とみに、異常気象が頻発しており、自然災害が糸島市で発生しないとは言えない状況にあります。 

糸島市は全163行政区で自主防災組織が出来ており、地域の取り組みの差はあるものの、校区または行政区単位で避難訓練が実施されている現状も把握しております。その際は、糸島市総務部危機管理課職員、糸島市消防本部職員及び防災士の資格をお持ちの「てまがえ隊」にも出動願い、防災意識向上にご尽力いただいており、感謝申し上げます。 

今年に入り新型コロナウイルスが猛威を振るい、当市におきましても健康づくり課、危機管理課、糸島市消防本部等が糸島保健福祉事務所とも連携を取られ、コロナ感染拡大を防止していただき、現時点においても緊張感をもってコロナ感染対策を継続いただいております。 

さて、冒頭で触れました「令和2年7月豪雨」のような自然災害、8月下旬以降発生が予測される台風に備えなければなりません。糸島市から避難勧告、避難指示を市民に発せられますが、避難先は指定避難所である小中学校体育館、15カ所のコミュニティセンター等であります。

コロナ禍でもあり、従来の避難所運営訓練だけでは、不十分であると想定いたします。 

タイトルでお示ししましたように、「コロナ禍における避難所開設訓練」の実施を早急に計画いただきたいと要望いたします。

何事も予習、復習、練習が大事であり、「素振り」「空振り」であっても、訓練しておかないと、非常事態となり緊迫した時に、何もできず混乱を招き、被害を拡大しかけないと懸念があります。 続きを読む…

【無料法律相談】2020年7月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

2020年7月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。

地域防災対策費の需用費・防災士育成事業補助金につて質疑

6月17日(水)糸島市6月度定例議会第二日目に一般会計補正予算質疑に立ちました。

地域防災対策費の需用費
<質疑1>
17カ所の避難所に設置する消耗品と医薬材料費との説明があったが、具体的に何か。
<答弁1>
消耗品としては
① マスク
② 非接触型体温計
③ 消毒用ガーゼ
医薬材料費としては、消毒液を購入する。

<質疑2>
コロナ禍の中での大規模避難時のクラスター対策が大きな課題だと思うが、ソーシャルディスタンスを保って避難住民を受け入れた場合、今回の補正で満足するのか。
<答弁2>
市では、国や県から示されたガイドラインに則って策定した避難所運営マニュアル等に基づき対応しており、現時点でできる対策を講じている。
なお、今回の補正は、現時点で消耗品等を追加で購入するもの。

<質疑3>
確認だが、今回の補正の中で、仕切り板や段ボールベッドは購入する予定はないのか。
<答弁3>
仕切り板や段ボールベッドは今回の補正予算案には計上しておらず、既決予算の中で発注している。

地域防災対策費の防災士育成事業補助金
<質疑1>
30名分の予算との説明があったが、校区2名と考えてよいか。現在の防災士資格者は何名か。活動内容をうかがう。
<答弁1>
そのとおり、各校区2人を予定している。本市における防災士資格者は、112人いらっしゃる。112人のうちの50人は、糸島防災士会「てまがえ隊」に所属し、地域や小中学校における防災訓練での指導、各種イベントにおける啓発活動、地域の防災リーダーの育成研修など、幅広い人材を活かして多様な活動をしておられる。

<質疑2>
糸島市の職員も資格を取られていると思うが、今回の補正でも職員からも取得されるのか。また職員の活動内容をうかがう。
<答弁2>
今回の事業は、市民対象のものであり、市として職員に取得させることはない。過去に防災士資格を取得させた職員は現在13人いる。
活動内容は、自然災害・原子力災害の防災訓練での重要な役割を担ったり被災地に応援派遣するなどで知識と経験を積み増ししている。

<質疑3>
せっかく苦労をされて、防災士資格を取っていただいても、活動していただけなければ意味がない。今回の補正で取得された方々が、活動継続していくための取組みを伺う。
<答弁3>
活動を継続していただくための取組みとしては、居住地域の自主防災組織の防災活動に参加してもらうことや、研修や訓練の機会の提供をすることがある。
このため、県と市が共有する防災士の人材リストに登録していただき、研修や訓練の案内や、地域の自主防災活動への紹介を行い、活躍の場を提供していきたい。
また、「糸島防災士会てまがえ隊」への加入推進なども併せて行いたいと考えている。

ひとり親世帯への臨時特別給付金事業につて賛成討論

6月24日糸島市議会本会議において賛成討論を行いました。

議案第58号令和2年度糸島市一般会計補正予算(第4号)について賛成討論を行います。

追加する補正予算は、6月12日に国の第2次補正予算の成立により、低所得のひとり親世帯への臨時特別給付金の支給に係る経費について、緊急に予算措置を行う必要が生じたため追加計上されたものであります。
この追加議案に賛成する理由を申し上げます。

続きを読む…

【無料法律相談】2020年6月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

2020年6月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。

森田実著 二階俊博 幹事長論(私の読書 第9回)

森田実著 二階俊博 幹事長論(表紙)

森田実著 二階俊博 幹事長論(表紙)

2020年5月1日に敬愛する森田実先生から自著「二階俊博幹事長論」~ナンバー1を超えたナンバー2実力者 平和・博愛・忠恕の政治家~を我が家にお届けいただきました。発行日は2020年4月30日です。
自民党幹事長の二階俊博先生に謹呈され、その後、小生にお贈りいただいたと思うと身震いする思いです。勿論、2020年4月25日初版第1版印刷です。

続きを読む…

特別定額給付金事業費について賛成討論

民間事業者が提供された巨大な応援看板

5月8日(金)午前10時から糸島市議会令和2年第1回臨時議会が開催されました。賛成討論を行いました。

議案第40号「専決処分について」特別定額給付金事業費について、賛成討論を行います。
賛成する理由は、感染拡大に留意しつつ、簡単な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援に資すると判断するからであります。
「特別定額給付金」の給付が4月30日、一部の自治体で始まりました。
国の2020年度補正予算の成立を受けて、人口規模が小さい自治体では、一時的に立て替え、収入減で困っている家庭に、いち早く給付しています。
そこで、私は執行部および職員の皆様のご苦労もわかっていないにも関わらず“当初の目的を果たせず、効果が薄くなる”との意味で
「遅い!市民からハレーションが起きるぞ!」と申し上げました。
その後、執行部は私共議員や市民の皆様からの訴えを真摯に受け止めていただき、一番肝心な給付金の調達を含め、東奔西走していただいた結果、
オンライン申請の給付開始日が
5月20日(水)、郵送による給付開始日を5月26日(火)としていただきました。
間違いなく10万人以上の都市の中では、トップクラスの早さです。
執行部をはじめ職員の皆様が「市民の皆様に、給付金を一日でも早くお届けしたい」との真心の結晶がこのような形で、実を結ぼうとしています。
閣議決定を変更してまでも、「社会の分断」をつくらない事業となりました。
本日から、糸島市民のために、更に汗をかいていただくことになります。
関係者の皆様に、心から感謝を申し上げ、賛成討論といたします。

【無料法律相談】2020年5月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

2020年5月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。

【無料法律相談】2020年4月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

2020年4月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。
無料法律相談日程