コンテンツへスキップ

「普天間」迷走 国民利益失う

2010年 4月 22日

 公明党の山口那津男代表は21日午後、今国会3回目の党首討論で、鳩山政権が迷走を続ける米軍普天間飛行場の移設問題について、「いまだ見通しが立たず、多くの国民の利益を失い、多くの心配を掛けていることを認識しているのか」と追及した。また、首相が裁判所に提出した政治資金の使途に関する資料の国会提出などを改めて要請。首相は「基本的に資料の提出などは必要ない」と、これまでの発言を翻した。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。