コンテンツへ移動


福岡県糸島市議会議員 笹栗純夫のブログです。最新の活動報告などを随時更新中!

平成30年12月定例議会 一般質問詳報

フレイルチェックで握力を測定中

フレイルチェックで握力を測定中

平成30年12月12日(火)午後1時より以下の4テーマで一般質問に立ちました。
1.市制10周年記念事業及び「白糸の滝ふれあいの里」復活イベント開催、夜間の観光スポット化をしないか。
2. 子ども医療費拡大について
3. ふれあいラボ活性化につて
4. 市役所窓口に葬儀後の手続きを支援する「おくやみコーナー」設置をしてはどうか。

<質問>
只今、議長のお許しをいただきました。市民福祉常任委員、公明党の笹栗純夫です。
今回は、市制10周年記念事業を含め4つのテーマで質問します。
市長をはじめ執行部に置かれましては、簡潔で的を得た答弁をしていただくよう希望いたします。
最初のテーマ“市制10周年記念事業及び「白糸の滝ふれあいの里」復活イベント開催、夜間の観光スポット化をしないか”でございますが、
前段の市制10周年記念事業から質問して参ります。来年の5月に新しい元号に変わり、その翌年2020年1月1日で糸島市誕生10周年となります。
平成の大合併した自治体で、市制10周年記念イベントを行ったところが多くあります。
本糸島市においても、大事な節目の年ではないかと思っています。
そこで市長にお尋ねいたします。
市長は、市制10周年をどのように捉えてあるのか。
ご答弁願います。
<市長答弁>
糸島市誕生から、この10年を振り返り、市長として率直な感想を述べさせていただきますと、1市2町合併は本当に間違っていなかったと感じています。
その理由としましては、
・他市町村が羨むほど脚光を浴びている“ブランド糸島”
・一時は減少したものの、回復・増加傾向にある人口
・年間630万人を超える観光入込客
など、旧1市2町のそれぞれの魅力や資源、人々が融合し、この元気な糸島を築くことにつながりました。
この10年で、まさに新市基本計画や第1次総合計画で夢描いたまちになってきていると思っています。来年度、市制施行10周年を迎えますが、10万都市としての基盤が整いつつある中、人口減少地域対策など、地域課題の解決を図り、真に自立したまちを目指して、新たなステップを踏み出す節目であると捉えていますので、記念事業を実施したいと考えています。

続きを読む…

【無料法律相談】平成30年12月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

平成30年12月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。
無料法律相談日程

平成30年11月13日(火)11月臨時議会で賛成討論しました

白糸の滝

白糸の滝

平成30年度糸島市一般会計補正予算(第5号)について賛成討論を行います。

平成30年7月豪雨の被害は降雨範囲で甚大なものでした。
7月6日17時10分に長崎、福岡、佐賀の3県に大雨特別警報が発表されました。
糸島市は人的な被害はなかったものの、ため池の法面の瓦解(がかい)や白糸の滝に通じる広域基幹林道の崩落(ほうらく)、白糸の滝ふれあいの里トイレの崩壊(ほうかい)、危険水位をはるかに超える濁流で、いつ河川の氾濫、住宅の浸水被害が起きても不思議ではない状況をこの目で確認しました。

政府は7月24日、西日本を襲った記録的豪雨を含む大雨被害の激甚災害指定を閣議決定しました。現在、会期中の臨時国会で11月7日に補正予算が可決しました。
これを受けて、全国の多くの自治体の12月定例議会で補正予算案が提案されるでありましょう。それを待たずに臨時議会を招集いただいた。

今年の夏、白糸に滝に通じる旧道を交互通行で、凌いでくださった白糸行政区が指定管理者として、管理・運営・営業されている「白糸の滝ふれあいの里」及び旧道で営業されている民間事業者の関係者の皆様は、本日提出された補正予算の可否を注視されています。
本日可決されれば、今日の午後からすぐに、設計に取り掛かっていただくことを固く信じます。
夏を待たずに、新しい元号がスタートする5月のゴールデンウィークまでに復旧できれば、関係者の皆様をはじめ全糸島市民、白糸の滝を愛する全国の皆様にとって、これほどの朗報はありません。

今回の補正予算で計上されている事業、白糸に通じる広域基幹林道ほか15路線、白糸の滝ふれあいの里の多目的トイレを含めたRC構造でのトイレ新築、福吉の市営住宅の合併浄化槽を最新式に切り替え、来年4月1日供用開始。
更に通学路に面した危険なブロック塀の撤去費用助成と、すべて一日でも早い復旧が望まれ、緊急を要する事業であります。
あらためまして、11月臨時議会に間に合うように、ご尽力いただいた職員の皆様に心より感謝申し上げます。
どうか、無事故で工事が完了することを切に願っています。
以上、賛成討論と致します。

【無料法律相談】平成30年11月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

平成30年11月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。
無料法律相談日程

ノーベル医学生理学章を2016年に受賞された大隅良典氏の記念講演を聞く

大隅亮典氏の講演案内

大隅亮典氏の講演案内

去る9月29日(土)、九州大学伊都キャンパス完成式典・講演会・祝賀会に出席しました。
記念講演は椎木講堂コンサートホールで、東京工業大学名誉教授の大隅良典氏が「50年の研究を振り返り、大学の基礎研究を考える」をテーマに講演されました。
大隅氏は生まれも育ちも福岡市東区、福岡県立福岡高校卒業、東京大学に進まれています。
講演の中で、自らの生い立ちにも触れられました。「祖父、父も九州大学の教授を務めていたので、父が働いている九州大学だけには行きたくなかった。九州大学に行くチャスがなかった。よって、東京に出て大学生活を過ごしました。」と九州大学の伊都キャンパス完成式典でさらりと言われたのには驚きました。大隅氏にしか言えない言葉であると思いました。
アメリカのロックフェラー大学で3年間の研究員生活をされています。23人のノーベル賞受賞者を輩出しているニューヨークの名門私立大学です。大隅氏は留学の3年間を振り返って多くは語られなかった。ただ一言「留学期間は、大変苦しい時代だった。」と振り返られた。偉大な科学者がどのような苦労をされたのか、私ごときが、もちろん知る由もないのは当然至極である。

続きを読む…

【無料法律相談】平成30年10月の無料法律相談

笹栗純夫WEBスタッフよりお知らせです。

平成30年10月の無料法律相談の日程をお知らせいたします。
当ブログの上部メニュー「無料法律相談日程」をクリックいただくとご覧頂けます。

こちらからもどうぞ。
無料法律相談日程

素早い対応に感動!

法面がスッキリ刈られた該当場所

法面がスッキリ刈られた該当場所

昨日(9月26日)のSNSで「危険な通学路の安全対策を求める」と発信しました。
私が昨日、糸島市教育委員会に改善を求めて、退庁時に建設都市部建設課長と庁舎の入り口で立ち話、課長に言いました。「危険な通学路の改善を教育委員会に申し入れていますので、建設課としても対応が出てまいりますので、よろしくお願いします。法面の雑草を何とかしなければ」と話しました。
私と別れた建設課の課長さんは、糸島市道路パトロールの方々に、即刻、現地の草刈りを指示されたそうです。
昨日の午後、教育委員会の課長補佐が現地に行ったら、「びっくりしました。法面が綺麗になっている。見通しも良くなっている」と驚かれたそうです。そして、私に電話「笹栗議員が指摘されていた法面は、綺麗に刈られ見通しも良くなっています。安全対策は関係者が協議して進めます」と。
市職員の皆様も、笹栗がせっかちであることは、十分認識していただいています。
「救急車の次に早い!ささぐり」のモットーは、まだ健在でした。
適切な処置、素早い行動をしていただいた職員の皆様に心より感謝申し上げます。
こんなに嬉しいことはありません。

危険な通学路の安全対策を求める

見通しの悪い市道

見通しの悪い市道(事故現場)

9月26日(水)市民相談をお受けした場所確認に、朝歩きも兼ねて糸島市篠原西一丁目付近に来た時、道路の角に二人の男性が、通学中の中学生に注意を呼び掛けていました。

 

法面の草が、路側帯にはみ出し、カーブミラーも視界不十分

法面の草が、路側帯にはみ出し、カーブミラーも視界不十分

一人の先生は、同じ町内会にお住まいであり、知っていたので「何をなさっているんですか」とお尋ねしたら「二週間前、ここで中学校の生徒が道路に飛び出し、乗用車と接触し鎖骨を折る重傷に会ったんです」とご報告いただきました。該当場所は、以前からも危険な箇所であるとの指摘を受け、市道の路肩部分を一部グリーンベルト化、カーブミラー設置を行政に依頼し改善がなされている場所でした。法面の草が道路にはみ出し、危険な状況も確認しました。
地元の行政区長か、もしくは学校からの要請があれば、行政は改善を行うことが出来ます。

私は、9時過ぎに糸島市教育委員会に伺い、学校側と連絡を取って適切な対応を求めました。
私も次の予定が入っているので、帰り際、職員の皆さんに「子どもの命を守って!」と叫んでいました。
生徒指導の先生に、教育委員会に申し入れたことをご報告いたしました。

中学校英語検定推進事業について質疑

9月21日(金)中学校英語検定推進事業について質疑しました。

<質疑1>
6中学校、のべ427人に補助しているとなっているが、英語検定の4級以上の合格者の把
握はされているか。
<答弁1>
合格者は4級(中学校中級程度)が104人、3級(中学校卒業程度)が202人、準2級
(高校中級程度)が34人、2級(高校卒業程度)が2人の計342人となっています。

<質疑2>
本事業に取り組んだことにより、英語力が他の自治体の公立中学校と比較して高くなって
いるか。
<答弁2>
平成30年度の標準学力分析検査の結果によると、福岡県の平均を100とした場合、中学
2年生が+2.8ポイント、3年生が+8.6ポイント上回っています。

小中学校防災機能強化事業について質疑

9月21日(金)小中学校防災機能強化事業について質疑しました。

<質疑1>
指定避難場所は体育館が主たる建物であると思うが非構造物機材は照明器具体育器具以外に何があるか。
<答弁1>
○ この事業は、東日本大震災において、避難所に指定されている屋内運動場の天井材や照明器具、バスケットゴールなどが多数の被害を受け、もしもこれらが落下した場合、致命的な事故が起こることから、落下防止対策として実施させていただいたものです。
○ 今回は、照明器具やバスケットゴールなどの体育器具の落下防止対策を行いましたが、その他、天井材、窓ガラス、外装材、内装材、スピーカーなどの設備機器、家具等の非構造部材があります。

<質疑2>
耐震化はどのような工事をされたのか。
<答弁2>
実際の工事につきましては、照明器具やバスケットゴールが落下しないように、ワイヤーを使って落下しないように施工を実施したものです。
*3㎜φ:ワイヤー

<質疑3>
震度はどれくらいまで耐えれるのか。
<答弁3>
○耐震化工事の実施により、耐えられる震度につきましては、示されておりませんが、地震により、非構造部材が落下することがないように施行しております。