コンテンツへ移動

終戦記念日街頭演説

2012年 8月 15日
終戦記念日街頭演説の様子

終戦記念日街頭演説の様子

 8月15日、午前10時から糸島市内3カ所で「終戦記念日街頭演説」を行いました。公明党糸島支部女性局の応援をいただきました。

概略、以下のように訴えました。

○  皆さまこんにちは、糸島市議会・公明党の笹栗純夫でございます。本日、戦後67回目の終戦記念日を迎えました。はじめに、この場をお借りして、先の大戦で犠牲となられた方々に、謹んで哀悼の意を表しますとともに、ご遺族並びに、今なお不自由な生活を余儀なくされている、戦傷病者の皆様に、心からお見舞いを申し上げます。 

○   1945年、昭和20年8月15日すなわち太平洋戦争終結の日、国民はどのような思いで当日を迎えられたでしょうか。特に戦地に赴かれ、再び日本の土を踏むことが出来なかった方の無念さを思うと胸の締め付けられる思いに駆られます。愛する夫を失い、我が子を戦地に送り出した母親に思いを馳せたとき、戦争は絶対悪と断ぜざる得ません。 

○   終戦の日を迎える年の8月6日に広島、9日には長崎に原爆が投下され、約30万人以上の方々が犠牲となられました。日本国だけが原子爆弾の被害を蒙りました。被爆国日本の使命、役割は非常に大きいと思います。公明党は、2015年の「核廃絶サミット」開催と、2020年までに「核兵器禁止条約」の締結をめざすよう提唱しています。非核三原則を堅持し、「永遠に核兵器を保有しない」方針を日本政府として明確に宣言するとともに、核軍縮・核不拡散に関する構想と、道筋を示したロードマップの策定で、日本がリーダーシップを発揮するよう、政府に強く求めています。 

○   昨年3月11日の東日本大震災の発災から1年5カ月、復興の遅れは明らかであり、現場感覚なき「遅い、鈍い、心の無い」政治では、復興への力は結集できません。 

○  公明党は、来月9月13日「大衆とともに」の立党精神の淵源となった公明政治連盟の第一回全国大会から50年の佳節を迎えます。衆参国会議員を含め、全国3,000の議員、日本のどの政党より議員数を擁しており、現場の声を市政に県・国に届けて参りました。 

○  いよいよ、民主党政権もマニフェスト総崩れ、国民に信を問う時が参りました。ネットワーク政党公明党が立ち上がり、必ずや日本再生の舵を取ります。 

○  以上、戦後67回目の終戦記念日にあたりまして、ご挨拶をさせていただきました。これからも「平和の党・公明党」に、力強いご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

From → 街頭演説

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。