コンテンツへ移動

森田実氏が小生を紹介していただく

2012年 8月 5日

5月31日糸島市の景勝の地、二見が浦で

 政治ジャーナリストの森田実氏が、8月4日付の「森田実の言わねばならぬ」でご紹介いただいた。私の人生でこのような賛辞をいただくことは、二度とないのではないかとも思っています。以下、原文のまま転記をさせていただきます。

・2012.8.4(その5)

森田実の言わねばならぬ/平和・自立・調和の日本をつくるために【668】

《新・森田実の政治日誌》「森田さん。あなたはなぜ公明党を支持するのですか?」との質問に答えます(その15)現場主義に立つ公明党地方議員の旺盛、誠実な活動

「博愛を実践するには、最大の勇気が必要である」(ガンジー)

「明るい性格は財産よりももっと尊いものである」(カーネギー)

 埼玉県議会議員の福永信之さん(公明党埼玉県幹事長)と兵庫県議会議員の野口裕さん(公明党兵庫県副代表)のお二人に会うと、気持ちが明るくなります。会っているだけで楽しくなります。お二人の人柄が明るいのです。明るい人柄の地方議員です。他人の世話をするために、この世に存在しているような人です。お二人ともオールウェイズスマイル(常に微笑み)の人です。

 福永さん、野口さんと知り合ったときは、福永さん、野口さんが地方議員のなかでとくにすぐれた地方議員だと感じていましたが、公明党地方議員の知り合いが増えるにつれて、野口さん、福永さんタイプの、その人が存在しているだけで周辺の人々の気持ちを明るくするような公明党議員が非常に多いことを知りました。福岡県糸島市の市議会議員の笹栗純夫さんもその一人です。笹栗純夫糸島市議会議員と初めて会ったのは昨年(2011年)12月26日でした。この日、神奈川県真鶴町で、フォレストベンチ研究会の栗原光二工学博士(フォレストベンチ工法の開発者)主催のフォレストベンチ見学会が行われました。笹栗さんは、フォレストベンチ工法を糸島市で採用できるか否かの研究のために、福岡県からやってきてくれたのです。笹栗さんは見学会の懇親会の閉会の辞を担当されました。すばらしい演説でした。しばらくして、笹栗さんから、当日の私の講演記録が送られてきました。ご自身で、テープを起こされたのです。その頃、私は多忙をきわめていたため、校閲の仕事が遅れましたが、やさしく待っていてくれました。やっと校閲が済んでお送りしたのですが、その後の笹栗さんの対応はすばらしいものでした。笹栗さんご自身がつくられた3000人のインターネット網に、私の講演記録を配信されたのです。

 フォレストベンチ工法は、栗原光二工学博士が日本の国土の70%を占める斜面の安全を確保し、緑化するために開発したすぐれた土木技術です。環境技術です。笹栗さんはこの栗原博士の新土木技術を応援してくれたのです。

 笹栗さんのご努力で、フォレストベンチ工法のことが多くの方々に知らされました。いまは多くの公明党の地方議員が、フォレストベンチ工法を応援してくれています。この7月初めに開催されたフォレストベンチ研究会の大会には全国各地から多くの公明党の地方議員が参加してくれました。おかげでフォレストベンチ工法は着実に広がっています。全国の公明党の議員が、自然のもつ力を活用して斜面を安定させ、緑化する技術であるフォレストベンチ工法を広めてくれているのです。

 全国の公明党議員は、このような地道な自然を守る努力をされているのです。
 栗原光二工学博士ご自身が、自然保護のために、良心的な最低の価格で工事を行っています。私は、栗原光二工学博士ご一家が、奉仕の精神で努力されていることに感心して、フォレストベンチ工法を、少しでも広めるために微力を尽くしています。栗原先生のフォレストベンチ工法を温かく応援してくださる笹栗純夫糸島市議会議員はじめ多くの公明党議員に深く感謝しています。(つづく)

http://moritasouken.com/sC1187.HTML

From → 活動紹介

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。