Skip to content

予算特別委員会 電算システムデータ移行等委託について

2013年 3月 24日

 予算特別委員会において、情報システム管理費 電算システムデータ移行等委託(55,498千円)について、以下のように質疑しました。

<質疑1>

 windowsWPからwindows7へ切り替え対応かと思われるが、データ移行をしなければならない理由は何か。

<執行部答弁>

WindowsXP問題に加え、現状の運用方法を見直し、災害対策の強化に努める

ため、システムの更新を行うこととしている。

 

<質疑2>

 新システムの形態はクラサバ、ASP、クラウド、P2Pなど想定されるが、どのようなシステムになるのか。

<執行部答弁>

 新システムは、クラウド方式で運用することとしている。

 

<質疑3>

移行対象業務は何か、移行後新システムで何年間運用を予定されていますか。

<執行部答弁>

 今回システムを更新するのは、住記、税、福祉等の基幹系から財務会計や人事

給与等の内部系まで全部で64業務で、約7年間使用する。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。