Skip to content

予算特別委員会 電算システムバックアップデータ遠隔地保管負担金について

2013年 3月 24日

 予算特別委員会において、情報システム管理費 電算システムバックアップデータ遠隔地保管負担金(551千円)について、以下のように質疑しました。

 

<質疑1>

 どの業務どのようなデータを遠隔地に保管しているのか。以下、セキュリティ保護の範囲内で回答いただきたい。遠隔地で保管すべきデータは他に存在しないか。具体的に言うと情報システム管理外で各部各課が独自で運用・管理しているデータはないか。

<執行部答弁>

 遠隔地保管するデータの種類は、住記、税、福祉、財務会計や人事給与等の業務データに加えグループウェア、ファイルサーバ、消防緊急支援システム、図書館システム、GIS等のデータを遠隔地のデータ保管センターに、保管箱に入れ陸送し保管している。また、保管していないデータはない。

 

<質疑2>

 遠隔地に保管することにより、システムのバックアップはどの時点まで遡って復旧できるのか。

<執行部答弁>

 1週間に1度保管しているので、最長1週間前まで遡って復旧できる。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。