コンテンツへ移動

予算特別委員会 地域生活支援事業費について

2013年 3月 25日

予算特別委員において地域生活支援事業費 報償費(529千円)について以下のように質疑しました。

 

<質疑1>

要約筆記の講座との説明を受けているが、事業の内容について説明願いたい。

<執行部答弁>

 要約筆記の会いとしまと連携し、一般の参加者に対して、4回の講座を開催します。

  ・聴覚障害について

  ・要約筆記について

  ・難聴者体験談

  ・筆談体験

要約筆記者に対するレベルアップ研修を2回実施する予定です。

そのための諸謝礼を計上しています。

 

<質疑2>

関連するが、現在活動されている要約筆記奉仕員の増員となるか。

<執行部答弁>

増員に繋げたいと考えています。

 ・要約筆記の会いとしまの会員数 12人

 

 

引き続き、地域生活支援事業費 手話通訳者・要約筆記通訳者派遣事業委託(420千円)について以下のように質疑しました。

 

<質疑1>

何人の手話通訳者・要約筆記通訳者の派遣を予定されているか。

<執行部答弁>

人数ではありませんが、それぞれ1回1時間を80件見込んでいます。

@2500円×80件×2=400,000円 

      手話通訳     要約筆記

22年度 45件(14人)   -

23年度 43件(13人) 7件(3人)

24年度 46件(15人) 4件(3人)

 

<質疑2>

手話通訳者・要約筆記通訳者の派遣を依頼する時、何処に申し込めば良いか。

<執行部答弁>

 福祉支援課で受け付けています。

 緊急時は、メールでの受付も行っています。

 

<質疑3>

派遣はどのような用件か。それぞれ通訳者に時間当たりいくらになるのか。

<執行部答弁>

 派遣内容は、医療(通院、検査)、公的機関、雇用相談が多いです。

最初の1時間が2,000円

 30分超過するごとに 1,000円

 早良区以上の派遣については、交通費として

            2,000円

 を支給しています。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。