コンテンツへ移動

路肩に反射板(ポール)が立ちました

2013年 7月 30日

 道路の改良工事、側溝工事が完了した後、離合のため道路わきに蓋の無い側溝に宅配便の車が飛び込んだとの連絡を受けました。

新設された反射ポール

新設された反射ポール

 私が連絡を受けたのは、事故後数日経ってからのこと。事故現場の住民の皆様から、事故の模様を詳しくお聞きしました。

新設された側溝の奥に蓋のない側溝が

新設された側溝の奥に蓋のない側溝が

 運転手は側溝があることがわからず、車寄せをして横転したと話していただきました。宅配業者は、配達時間指定の荷物を積んでいたそうです。「運転手さんが可愛そうでした。二度と同じような事故が起きないようにしてください」とお願いされました。

 翌日、糸島市建設課に現場確認と何らかの対策を講じていただくよう依頼しました。

 数日後、事故現場前にお住いの方から「反射板(ポール)が立ちました。見に来てください」との嬉しい報告をいただき現場を確認しました。

 いつも素早い対応をしていただく、市当局の皆様に感謝します。

 私にご連絡いただいた方に御礼申し上げます。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。