Skip to content

福岡マラソンコースの現況確認に行きました

2014年 5月 16日
福岡マラソン糸島協力会事務局長から説明を頂く

福岡マラソン糸島協力会事務局長から説明を頂く

5月16日(金)総務文教委員会が開催されました。
委員会の後半は、11月9日(日)開催予定の『福岡マラソン』コース。糸島エリアを福岡マラソン実行委員会事務局職員の案内で、マイクロバスで回りました。

晴天に恵まれ、九州大学の折り返し地点(20km)からフィニッシュ地点(42.195km)である糸島市志摩庁舎手前まで、5箇所の収容ポイントや救護所・給水・仮設トイレの場所を確認しました。コース沿いの事業所や個人宅を約一万人の方に直接訪問し、協力依頼をして来られ、その作業は現在も続行されていると伺いました。並み大抵の苦労ではありません。
ご理解いただけるまで、お願いの行脚はやるとの強い決意を伺い、頭の下がる思いで一杯になりましだ。

5月13日現在の地元先行申込者(最終)は1,000人の枠に対して11,639人、一般枠定員10,000人に対して29,991人で倍率は約4.1倍です。
申込締切日の5月19日まで駆け込み申込者を加えると、もう少し競争倍率が上がると予想されています。

福岡マラソン実行委員会事務局の当初の予測倍率は2.5倍だったそうです。
申込者は47都道府県すべてから、海外からの申込もあってます。
共同開催地である糸島の魅力を是非とも堪能していただきたいと念願しています。
糸島市は福岡マラソン糸島協力会を立ち上げ、最高の「お・も・て・な・し」を目指しているとの熱い思いもお聞きしました。
無事故で大成功するため、心を合わせ頑張って当日を迎えたいと思います。

From → Uncategorized

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。