Skip to content

「英語検定試験検定料補助金」について質疑しました

2015年 3月 25日

平成27年3月19日、平成27年度予算特別委員会で「英語検定試験検定料補助金」について、以下のように質疑しました。

<質疑1>

経済力の格差が、教育の格差にも影響していると指摘する人もいる中、受験料の1/3補助、年二回までとなっていますが、英検3級試験の試験料はいくらで、実際の補助金額はいくらでしょうか。

<答弁1>

受験料は2,800円です。補助額は1,000円です。

 

<質疑2>

確認ですが、会社などの資格試験補助制度では合格すれば、全額、会社の負担となるケースが多い訳ですが、今回の補助金は不合格でも変換する必要はありませんね。

<答弁2>

ございません。

 

<質疑3>

中学3年生の受験希望者は全員希望すれば、この制度を利用できますか。予備テストなどで、学校・先生が判断することはありませんか。

<答弁3>

希望すれば、利用できます。

 

<質疑4>

残念ながら不合格となっても、将来英検3級、2級を取得しようとする生徒にとって、受験するメリットは何ですか。

<答弁4>

英語検定試験に不合格となっても、自分自身の力を試し、客観的に課題に気付くこともできます。また、難しい問題に挑戦したという事実も残ります。試験になれることもできます。何よりも再挑戦して合格することになれば、不倒不屈の心を学ぶことにも繋がるものだと考えます。

 

<質疑5>

この補助制度を、生徒、保護者に周知されますが、年間予算は何人まで補助する予定ですか。平成27年度で、予算額1,000千円を超えると予測された場合、補正予算を組んで対応されるお積りですか。

<答弁5>

補助する予定人数については、2回の実施で1000人を見込んでおります。これは、平成25年度の糸島市内中学3年生の年間を通じての受験者数が約300名であったことから積算したもので、十分対応できると考えています。

もし不足するような場合には検討していきたいと考えます。

From → 英検3級

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。