Skip to content

糸島市立前原中学校正門前の安全対策がなされました

2015年 8月 11日
減速帯表示と赤色舗装(8月9日撮影)

減速帯表示と赤色舗装(8月9日撮影)

平成27年2月24日(火)議会運営委員会終了後、依頼者である前原中学校PTA会長(当時)の持田重治氏と校長の山口幸美先生の待っておられる現地に直行しました。

地元中学校校区に住んでいる議員として、教育を所管する総務文教委員長、糸島市交通安全協会副会長である“ささぐり純夫”を指名しての要望をお受けいたしました。

通行量の多い県道を横切って、生徒が自転車や徒歩で横断している実態を説明いただきました。

説明をお受けした後、要望書を受領し窓口である糸島市役所危機管理課に提出しました。

危機管理課には、平成27年度新学期が始まる前までに、改善方策を出して欲しいと要望しました。

その後、糸島警察署交通課、PTA会長、学校長、糸島市役所危機管理課、建設課が現地で対策を協議していただきました。

中学校正門前に横断歩道の設置要望に関しては、横断歩道設置基準を満たさないという事で却下となりました。

しかし、それに代わる安全対策を講じることが決定されました。

正門付近の県道上下線に減速帯表示を新たに表示する

注意喚起を促す赤色舗装及び進行表示マーク(8月9日撮影)

注意喚起を促す赤色舗装及び進行表示マーク(8月9日撮影)

県道の路面(雷山から前原方面)に注意喚起を促す赤色舗装及び進行表示マークを付ける

道路上下線に「スピード落とせ」を表示(8月9日撮影)

道路上下線に「スピード落とせ」を表示(8月9日撮影)

赤色舗装の手前の道路上下線に「スピード落とせ」を表示

市道から県道に出る三叉路に太い停止線(8月9日撮影)

市道から県道に出る三叉路に太い停止線(8月9日撮影)

市道から県道に出る三叉路に太い停止線を引く

上記の対策は7月31日から8月4日にかけて実施されました。

考えられる対策は打たれました。しかし、事故が起きない保証はありません。PTAへの説明、生徒への指導を更に徹底していただきたいと念願しております。

学校前の県道を走行する方は、中学校の正門があることを十分認識しておられる地元のドライバーが大半であると思っています。減速して安全運転をお願いしたいと願っています。

生徒の皆さんは、今までより5分早く自宅を出ることをお願いします。

ドライバーの皆さんも、余裕をもって目的地に行ける優しい運転を心がけていただきたいと念願しています。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。