コンテンツへ移動

篠原公園の立ち木が電線と接触

2017年 8月 14日
篠原公園伐採が予定されている西側

篠原公園伐採が予定されている西側

6月22日(木)朝歩きで篠原公園に行きました。数年目に公園西側の市民の方から「公演の立ち木が伸びすぎて電線に絡んでいます。落ち葉が雨どいに詰まり雨漏りしています」との相談を受けました。当時、市の公園を管理する糸島市建設都市部施設管理課の連絡し、スッキリ伐採していただきました。木の成長が早く、数年目と同じ状態になっていました。

今度は、市民の皆様からの苦情をお受けする前に動こうと思い、その足で施設管理課に報告。残念ながら予算措置していないので、対処するまで時間を要するとの返事。

篠原公園伐採された後に撮影

篠原公園伐採された後に撮影

7月25日(火)朝歩きで再度、篠原公園の周りを散策。すると北側は綺麗に伐採が済んでいましたが、一番困っておられる西側は手当がなされていませんでした。

糸島市は公園の管理は指定管理者であるシルバー人材センターに委託しています。しかし、高所での木の伐採はクレーン作業が伴うため、他の業者に作業を発注されています。
平成29年度の当初予算に計上していないため、追加作業は更に難しいと思われますが、何とかしてほしいとお願いしています。私もご近所の方を訪問し、事情を話しもう少し待っていただくよう依頼しました。公園で一休みされる方は、生い茂った木の方が良いわけですが、木の葉っぱが雨どいに入り、壁づたいに水が垂れる状況をお聞きすると、早く手を打ってあげたいと思います。本格的な台風シーズン前の対応が望まれます。

From → Uncategorized

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。