コンテンツへ移動

窓口でマイナンバーカードを申請すると、郵便でカードを受け取れるようになります。

2017年 9月 5日

9月5日(火)糸島市議会本会議で「平成29年度糸島市一般会計補正予算」戸籍住民基本台帳関係費について質疑しました。

マイナンバーカードの交付に関しては、全国統一した事務となっており、交付時来庁方式と申請時来庁方式が基本となっています。
どちらの方式についても、本人確認が必要なため、必ず一度は市役所へ行かなければなりません。
現在、糸島市では交付時来庁方式で行っているため、市役所でマイナンバーカードを申請する人は、申請時と交付時の2回市役所に行く必要がありますが、これからは、希望する人には、カードが本人限定郵便で送られてきます。

Q1 マイナンバーの手続きを1回の来庁で完了させるための費用とのことであるが、糸島市独自の取組か?

A1 糸島市独自の取り組みではありませんが、希望される方には、申請時に交付の手続きを済ませ本人限定郵便でカードを郵送する「申請時来庁方式」も取り入れ、交付率を上げたいと考えています。

Q2 サービスの開始はいつか?また、この措置によるマイナンバーカードの発行枚数の今後の見通しは?

A2 10月から開始したいと考えています。
現在、常に申請者の約1割、約900人の方がカードを受け取りに来られていない状態です。
この方法を取り入れることで、カードを受け取りに来られない方を減らしていけるので、その分の発行数6.5%の増が見込まれます。
また、来庁が1回で済むことで、利便性が向上すれば、申請者数も増やしていけると考えています

Q3 どのように周知するのか?

A3 全体的には、広報とホームページにより周知を図りたいと考えています。
シニアクラブや民生委員さんなど多くの人が集まる所で、現在普及活動を行っていますが、その際にも説明していきます。

Q4 マイナンバーカードの発行枚数は県と比較してどんな状況か。

A4 平成29年8月末現在、10,149枚交付しています。
平成29年7月末の福岡県の交付設定率は9.3%、糸島市は10.7%で、県下では3番目です。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。