Skip to content

JR筑肥線電車脱線に伴う臨時バス代行輸送について

2018年 7月 9日

今回の西日本豪雨で6日午後2時半ごろ、JR筑肥線の浜崎(佐賀県唐津市)―鹿家(しかか)(福岡県糸島市)間で、西唐津発福岡空港行きの上り快速列車(6両編成)の最後尾の車両が土砂にぶつかって列車の一部が脱線した。JR筑肥線の筑前前原―西唐津駅間で運転再開の見通しが立っていない。
糸島市立福吉小学校、中学校ではJR大入駅とJR鹿家駅からの電車通学をしている児童・生徒は通学の足が奪われ、保護者が送迎を9日から実施となっています。夫婦共働きの世帯も増え、代行バス送迎を望む声が上がりました。糸島市教育委員会は9日午前中からバス業者への手配を行い、電車に変わるバスによる送迎を決断していただきました。
そのことを、保護者にお伝えしたら「教育委員会の素早い対応に感謝します。本当に助かります」とのお声をお聞きしました。
JR筑肥線の一日も早い復旧を待っています。

JR筑肥線電車脱線に伴う臨時バス代行輸送(PDF)
JR筑肥線電車脱線に伴う臨時バス代行輸送(PDF)

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。