コンテンツへ移動

ふるさと応援寄付推進事業費(主要施策調書P.33)ついて質疑

2018年 9月 19日

9月18日(火)決算審査特別委員会でふるさと応援寄付推進事業費について以下の通り質疑しました。

<質疑1>
ふるさと(糸島市)に親を残して、首都圏などで働いておられる方に対し、「みまもりサービス」もあるが、利用率はどうか。
ヤクルトや日本郵政のサービスと比較して遜色のないサービスか
<答弁1>
本市の返礼品としましては、現在、シルバー人材センターが実施する「ふるさと見守り安心サポート」を提供しています。
利用率については、現在のところ返礼品としての利用はありません。
このサービスは、市内の空き家、空地の見回り、お墓の清掃等のサービスを提供するもので、ヤクルトや日本郵政で行われているサービスとは内容が少し異なります。
ヤクルトや日本郵政が行われているような「みまもりサービス」の返礼品としての導入については、寄附者の意向を踏まえ、今後検討いたします。

<質疑2>
糸島のファンを逃がさないための、リピーターとなっていただくための、寄附していただいたお金で、このような事業展開ができました、というようなホットなアナウンスはされましたか。
<答弁2>
寄附者がリピーターとなっていただけるよう、寄附申込時にお礼のメールを送付するとともに、返礼品に市長によるお礼状を添えて送付しています。
また、寄附者に対し、年始に年賀状を送付し、寄附のお礼を市のPRを行っています。
いただいた寄附金につきましては、寄附金額、寄附者の氏名、寄附金の使途などを、年度ごとに広報誌、ホームページに掲載し、広くお知らせしています。
今後は、現行の取り組みに加え、寄附者に対するメールマガジンの発行、SNSを活用し情報発信を行い、リピーターの獲得を図りたいと考えています。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。