コンテンツへ移動

防犯灯管理費について質疑しました

2015年 3月 19日
新たにLED防犯灯が設置された場所(篠原西)

新たにLED防犯灯が設置された場所(篠原西)

平成27年3月16日、平成27年度予算特別委員会で防犯灯管理費について、以下のように質疑しました。

<質疑1>

防犯灯のLED化は「行政区からは一層の推進を求められている。」と書かれているが、事業期間が10年間もかかる。電気料と維持管理費で60%も削減できる。リースでの一斉切り替えをしないと判断された。短縮できないか。

<答弁1>

期間を短縮した方が、電気料削減効果が高くなりますが、財政措置も必要であり、実施計画の変更要求について検討したいと考えています。 

 

<質疑2>

明るく照射するLED防犯灯は防犯効果、特に痴漢等の犯罪を防ぐ効果があると思われるが、行政区の境や市の施設との境界が暗いとの苦情を受けている。その理由は、電気使用量の行政区負担がネックとなっていると考えられるが、対策を考えているのか。

<答弁2>

ご指摘のように、行政区の境界付近など受益者が広域にまたがる場合は、電気料の負担が課題となります。

今まで、そのようなケースは、校区等での電気料負担などについて、地元と協議を行っています。

実際に、深江校区や怡土校区では、協議の結果、校区で電気料を負担していただくことで設置いたしました。

 

<質疑3>

市の公共施設境界の場合はどのような対応をしているのか。

<答弁3>

公共施設敷地内の場合は、その管理者が設置し、電気料も負担します。

境界付近の市道などの場合は、市で設置し、電気料は地元で負担していただくことになります。

実際に怡土公民館の境界付近で要望がありましたが、市道であったため、怡土校区で電気料を負担していただくことで設置いたしました。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。